グアムでスティールチャレンジが開催されました

2021年9月19日(日曜日)、ピティのチャモロシューティングレンジで、スティールチャレンジマッチが開催されました。

スティールチャレンジは通称で、正式には『ワールド スピード シューティング チャンピオンシップ(WORLD SPEED SHOOTING CHAMPIONSHIP)』といい、1981年にアメリカで初めて開催されました。

グアムでも、スポーツとして射撃を楽しむシューターたちが集まり、1980年代前半から定期的に開催され、大会は1994年まで続いていました。

それから27年が経ち、新しくGuam United Alpha Marksman Club(GUAMC)という団体が設立され、グアムで再び正式にスティールチャレンジが開催できるようになりました。
今回は、その最初の試合(イノギュラル マッチ)になります。試合でのスコアーは、USPSAの公認記録として残ります(そのためにはUSPSAのメンバーになる必要があります)。

今まで、毎月シューティングマッチを開催していた射撃クラブはGSSF(Guam Shooting Sports Federation)だけでしたが、今後はGUAMCも月例マッチとしてスティールチャレンジを開催することになり、ほぼ隔週で射撃大会がグアムで開催されることになります。

今回のマッチは、以下の4ステージで競いました。

  1. Smoke and Hope
  2. Accelerator
  3. The Pendulum
  4. Five to Go

スティールチャレンジのステージを撃ったことがある人はイメージできると思いますが、ステージが進むごとに、だんだん難しくなっていきます。

この日のために練習してきた様子のシューターから、初めてスティールチャレンジのステージを撃つ人まで、皆さんめいめい一所懸命チャレンジしていました。

スティールチャレンジのステージは、プラクティスとして撃ったことはありますが、シューティングマッチとして撃つのは僕も初めてでした。

前の晩に各ステージの見取り図を見て、イメージトレーニングだけしてエントリー。結果はご覧の通り。

  1. Smoke and Hope
    3.01 2.82 2.61 2.59 (6.12) >>> 11.03
  2. Accelerator
    (6.25) 3.97 5.23 5.47 4.75 >>> 19.42
  3. The Pendulum
    4.06 7.06 6.23 (8.79) 6.38 >>> 23.73
  4. Five to Go
    3.82 (5.58) 5.02 3.77 3.60 >>> 16.26

練習不足(というか、まったく練習していないの)がタイムに出ました。安定感がありませんね、、、(汗)

マリポサでは市郎さんの指導のもとウエストコーストスティール(WCS)のステージでトレーニングしていましたので、スティールチャレンジがうんと難しいステージであることを目の当たりにしたマッチになりました。ウエストコーストスティールって、初心者にフレンドリーなステージだったのですね?!
18ヤード先の10インチの丸い鉄板って、あんなに小さく見えるのですね、、、参りました〜

いつも口ばかりで行動が伴っていませんが、毎日練習しないともっと上手くなるはずがありませんね(大汗)。
海の向こうのアメリカ本土では、市郎さんの息子さんのケンちゃんが、スティールチャレンジのすべてのワールドレコードを塗り替える勢いで快進撃を展開しています。僕も空撃ちしながらもっと感情移入して応援したいと思います。

ステージブリーフィングが終わり、さぁいよいよ試合が始まります。シューターの皆さん、顔を上げられません(笑)。この緊張感、たまりませんね。

追伸:
賞品として、『パラダイスフィットネス』というフィットネスジムの会員券を2枚いただきました。1カ月有効なので、2枚で2カ月タダで行けます。でもきっと行かないので、お友だちの奥さまに差し上げました。僕はヨロヨロ走るところから始めます。

コメントをどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。