懐かしの「Flying M」

Guam Shooting Sports Federation(GSSF)の月例マッチが、2016年9月25日(日曜日)に行われました。


今回のテーマは、
「CCW」と「タクティカル」。

CCWは銃を携帯する(隠し持つ)こと。
タクティカル(Tactical)は戦術。

実際のステージでは、隠し持った銃から撃ち出すというよりも、
目隠しされた状態でもちゃんと銃をハンドル(取り扱いが)できるかを試すような内容。
ターゲットまでの距離も3メートルくらいで、
至近距離ならではのコツが求められるステージでした。

目隠しされた状態から振り返り、
テーブルに置かれたライフルとハンドガンにマガジンを装填します。

Load and shoot. #ShootingMatch #GSSF #Guam #グアム

A video posted by Taka Soyama (@dahawaii) on



装填したら目隠しを取って、
ハンドガンで3つの的にそれぞれ3発ずつ、
ボディーに2発、ヘッドショット1発を撃っていきます。

マガジンチェンジをしたら、サポートハンドオンリーで同じように9発撃ちます。
ハンドガンをホルスターに収めたら、
次にライフルを手に取ってロードし、
ハンドガンの時と同じように9発撃ちます。
マガジンチェンジをして再び9発。
ハンドガンとライフルで、合計36発撃ちます。
ボーナスポイントとして、
40メートル先にある10センチくらいの的に5発撃って、
的に当たるとマイナス3秒もらえます。
僕はタイムは59秒くらいでしたが、
なんと3メートルの的を36発のうち12発も外してしまい、
トータルは120秒にもなってしまいました。
カッコ悪すぎます、、、
ライフルの銃身とサイトの高さを考慮して撃たないと、
弾が全部下に行ってしまいます。
けっこう上を狙ったつもりだったのに、
それでも的の下に撃ち込まれていたのですね〜

このテのステージは、
実際に練習で体得しておかないと、
ぶっつけ本番ではなかなか中てられないものだと痛感しました。
2つめのステージは、
速く正確に撃つための
組み立て(戦術)を要する内容。

ロードしてセイフティをかけたライフルをテーブルに置き、
ロードしてセイフティをかけたハンドガンをホルスタに収め、
椅子に座ってテーブルに両手を置いた状態からスタート。

まず始めに左側の丸い窓を開けて、上の丸窓から3つのターゲットを、次に下の丸窓から3つのターゲットを撃ちます。

Switch level! #ShootingMatch #GSSF #Guam #グアム

A video posted by Taka Soyama (@dahawaii) on


次に、右下の細長い窓を開けて、
しゃがみながら6つのターゲットを撃ちます。


ハンドガンをホルスタに収めたら、
ライフルを取って正面の細長い窓から4個のチャコールを撃ちます。
距離は10メートルほどなので、最初のステージ同様、
サイトとバレルの高さを計算しながら狙わないと、
弾がチャコールの下に行ってしまい、いくら撃っても中りません。

実際、僕はエイムポイントが載ったM4でチャコール1個分くらい上を撃ってみましたが、
どこに弾が飛んでいるかを確認できるわけもなく、何発も何発も撃ってしまいました。
3つめのステージは、と〜っても懐かしい「Flying M」です(確かこんなんだったですよね?)。

Frying M by Taka
銃を落とす人がたくさんいたとか(?)で、
姿を消してしまったステージだったように記憶しています(間違っていたらゴメンナサイ)。

当時、サポートハンドでホルスターの上から銃を押さえながら、シューティングボックスへ駆け込んだように記憶しています。

ってことは、缶は撃つ手で落とさないとイケないんだったかも、、、

今から33年くらい前、
MGCがシューターワンというシステムを使ったシューティングマッチを、
東京タワー(だったカナ?)で開催した時に、
撃ったステージがこれだったと思います。
その頃は「Taka」ではなくて、
「伊集院 武蔵」という名前で撃っていました。
あ〜懐かしいなぁ〜
というわけで、
シューティングは、
やはりマッチに出ないと
上手くならないと思いました。
もちろん、ちゃんと練習してからね〜

8件のコメント

  1. すごく早いです!!(笑)
    いやいや、早いですよ!!
    んで、楽しそう。
    いろいろ経験して、教えてくださいね。

  2. Takaさん。こんにちは。
    オオッ!楽しそぉ〜!
    V(^_^)V
    フライングM。
    ありましたね!!
    でも、ちゃんと狙わなきゃ。
    ;^_^A
    おいらも一緒にやってみたいなぁ〜!
    \(^o^)/

  3. まうまうかずやんだぶだぶ毎度。
    おはようございます。Takaです。
    ぶゎくゎものたちで、
    みんなで一緒に撃とうね〜!
    ニホンゴを話していたのは、
    ROのデニスさんです。
    彼、バイク乗りなんだよ。僕もまた
    バイクに乗り始めようと思っています。
    (その前にもっとシューティングだね〜!)

  4. ハゥディ~!(マロンパさんとのメールはいつもこれから始まる)。リアルグアム事情楽しみにしてます。このSTIはどなたの銃でしょうか?ほれぼれします。タカさんのブログ、十代のころ読んでた市師匠のリポートと変わらん位面白いですよ!デニスさんどんなバイク乗ってんですか?んでもってタカさんどんなバイク乗りたいの?私の今の愛車、ホンダXLR200R。1993年式(多分)、市師匠のヤマハの200クラスと似たタイプ。街乗りでリッター30以上普通に走って、オフロードタイプなのに130キロ以上でるお利口さん。ハーレィでもレーサーレプリカ200キロ越えアタックでもお付き合いできますよ。我が人生三種の神器、ガン、ナイフ、バイク、のヲトコでした!

  5. 佐伯さん、こばわ〜! Takaです。
    どうもありがとうございます(恐縮です)!
    STIは、スタンリーさんの銃です。
    STI、持っている人は、グアムにいても、
    ちゃんと持っているんですね〜!
    デニスさんですが、
    ハーレー乗りです。
    グアムは道が良くなく、
    攻めながら走れるような場所もありませんので、
    直進安定性の高いハーレーは意外とグアム向きかも。
    バイクにはもう20年以上乗っていません。
    日本で最後に乗っていたのは、
    DT125Rというヤマハの2サイクルでした。
    軽くて良く走るオフロードバイクでした。
    XLR200Rですか!
    4サイクルエンジンで
    燃費の良いバイクですよね〜!
    ハワイに住んでいた頃、
    XR650Lという公道を走れる
    オフロードバイクが欲しかったのですが、
    シート高が37インチ(94センチ)もあったので
    あきらめました(笑)。
    一応、
    日本にいた頃に
    限定解除していたので、
    ハーレーも良いなぁと、
    中古のXR1200とかは
    今も気にはしています。
    はたしてグアムにあるかどうか?
    ですよね〜
    ヤマハの
    WR250RやTW200とか、
    SCR950やSR400も楽しそうです。
    (SR500には乗っていたので)
    ガンとナイフとバイクですか!
    日本が今ほど
    やかましくない頃は、
    アサルトベストの胸に、
    テクナのダイバーナイフとか
    何も気にせず普通に差していましたよ〜
    (今は所有することすらできないようですね)
    先月、日本に行った時に、
    懐かしくて肥後守を買いました。
    ガンとナイフとバイク、
    確かにこの3アイテムは、
    どれも欠かせませんね〜!

  6. タカさん、初めて(?)お邪魔します。マサです。
    フライングM、動きが かっこいいステージですね。(ミッキー達がクロスドローで大暴れしてた頃でしょうか?)
    グアムのマッチ、いい雰囲気で、出てみたいです〜。
    ところで、"空飛ぶM"って、何の意味なんでしょう???
    P.S.私が初めて撃ったスチールのステージは、トリプルスレットだったのを思い出しました…。(もちろん、エアガンですが)

  7. Masaさん、毎度! Takaです。
    コメント、どうもありがとうございます。
    > ミッキー達がクロスドローで大暴れしてた頃でしょうか?
    テッドブロッカーズの
    革のホルスタでしたっけ(笑)?!
    『Flying M』
    スタートラインから
    シューティングボックスに飛び込んで行って、
    Mの字を描くように撃つからかなぁ〜
    とかって、当時、
    勝手に思っていました。
    何か意味があるのでしょうね〜
    『トリプルスレット』
    へぇ〜、
    これですか〜!
    http://freedomart.militaryblog.jp/e542315.html
    居合抜きみたいなステージですね!
    グアムのマッチ、
    Masaさんも一緒に出ましょうね〜!

コメントをどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。