スティールターゲットがさらに届いたぉ〜

アメリカ本土では、今年の
ウエストコーストスティールチャンピオンシップは
開催されないそうですね。
長年スピードシューティングをしている人にとっては、
ウエストコーストスティールよりも、
スティールチャレンジの方がお馴染みだと思います。
僕はつい最近実弾射撃を始めたばかり(50歳からの実弾射撃)なので、
スティールターゲットを撃つスピードシューティングと言えば、
ウエストコーストスティール(という競技)です。
スティールマッチの歴史[アメリカ/日本] 、そしてJWCSへ
(とっても参考になるページですのでよかったら是非ドウゾ〜)
2013年の12月、ちょうど
市郎さんがスティールチャレンジのステージを
すべてウエストコーストスティールのものに換えようとしていた時に弟子入りしたので、
スティールチャレンジを撃ったことがありません。
年が明けた2014年のお正月に、
ぶゎかものたちが市郎さんを訪ねてマリポサに来た時には
まだスティールチャレンジのステージがあったのですが、僕が
銃を撃ち始めたのは彼らが帰国してからでした。
そしてミッキー射場をWCSのステージに作り替えたのは2月のこと、、、
ウエストコーストスティールって、
スティールチャレンジのやさしい版だって
だれかが言っていたけど、
確かにターゲットも小さかったり
ステージは全部で8つあったりと
たいへんそうです。
これを機に、練習してみようかな〜
ってなワケで、
スティールターゲットを
新たに入手しました。


じゃ〜ん!
12インチ、10インチ、8インチ、
そして6インチの丸いターゲットを各6枚ずつ。
あと、中るとひっくり返る
4インチの丸いターゲットも6個買いました。
ターゲットはすべて
AR500という鉄でできていて、
硬くて厚くて重くてイヤになります。
8インチと6インチ、
あと4インチのターゲットは、
スティールチャレンジのステージには使いません。
敵のバイタルゾーンをイメージして
6インチのターゲットに必中させるとか、
人質の後ろから顔の一部だけ出している敵を想定して
4インチのターゲットに必ず中てるとか、
そんな風にスティールプレートを使って撃つ練習をしたら
タメになるかも〜と思って買ってみました。
ターゲットを設置するための
ベースやフックなども新たに買いました。

全部で18枚のプレートと、
6個のノックオーバーターゲットを、
一度に設置することができるようになりました。
たけちゃんに話したら、
そんなに買ってどうするんですか?!
だって〜
いいじゃ〜ん
足りないより〜
今年のウエストコーストスティールチャンピオンシップは、
今月6月の24日と25日の予定でした。
25日の日曜日、グアムでは
シューティングマッチがあります。
ここ数カ月参加していないので、
今月は行ってみようと思っています。
CQBグアムでは、これに合わせて
日本からエントリーするシューターさんのために、
たけちゃんによる特別特訓が、今週の後半から開催されます。
スティールチャレンジの
ステージも練習するみたい。
楽しみだね〜

4件のコメント

  1. 使い易い脚があってこそ、だというのがよく分かりましたよね(^_^;)
    もう少し頑張りましょう。
    先ずは鉄骨の溶接屋さんに相談だ!

  2. イヤ〜
    たけちゃんの言うとおり〜!
    ベースをハンマーで地面に打ち込みながらの設置は、
    超超超超超タイヘンでした〜
    まいったまいった、マイッタ〜

コメントをどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。