エージェンシーアームズのカスタムバレルだぉ〜

エージェンシーアームズ(Agency Arms)と言えば、
カスタムグロックをこしらえている
人気のサードパーティー。
ここ2年くらいで、
ぎゅ〜っと有名に
なった感があります。
ちゃんと確認していないのですが、
彼らを有名にしたのが、
なんちゃらカットというカッティング。
え〜っと、
確か、、、
「アクセラレーターカット」
だったような
気がするのですが、
どなたかグロックに詳しい方、
教えてくださ〜い。
サポートハンドの
親指があたるフレームの部分、
スライドロックがあるあたりに
加工を施したものなのですが、
ノーマルのグロックって、
強度を出す理由からでしょうか、
この部分が厚くなっているんですよね。
ここを内側に削り込んで
ステイプリンしたのが、確か
エージェンシーアームズさんだった
ような気がするんですけど、、、
ぜんぜん違っていたら、
チョットごめんなさいね〜
このアクセラレーターカットですが、
個人的には超〜お気に入りです。
サポートハンドの親指が
フレームの内側に2mmくらい入るだけで、
ホールド感が劇的に良くなります。
ちなみにこの
エージェンシーアームズさんのホームページですが、
アメリカ国外からはアクセスできません。
なんと!
グアムからも
アクセスできません。
プロキシ経由で
いくつか試みましたが、
全然ダメでした。
意匠を無断でコピーしようとする勢力に、
抵抗しているのかもしれませんね〜
マリポサに住んでいた時には
サクサク見られていたのですけどね〜
ま、いいや。
で、
今日は、
エージェンシーアームズさんが作った、
グロック19(Gen 3)用のカスタムマッチバレルを
ご紹介しましょう。


色は確か3色。
金銀黒があります。
銀色のバレルにしてみました。
トリガーを赤に、
マグウェルも赤にしたら、
黒いフレームとスライドに映えるのではないか?

特に
スライドオープンした時に
格好良くなくなくなくな〜い?
と思い、
シルバーにしてみました。
マグウェルですが、
L2Dとうメイカーの
ロープロファイルなそれを
検討中です。
でも
ここ数カ月、
ず〜っと品切れ中です。
このマグウェルを選ぼうと
思っているのには理由があります。
それは実物を入手した時に、
あらためてお話ししますね〜
ZEVのG17用が余ってるでしょ?
って?
G17とG19って、
マグウェルのアングルが
違うんですよね〜
G17はスライドとほぼ平行、
G19はアングルが付いているんです。
手の大きな人でも小指がかかるようにと、
グリップの前の部分を長めにしたのだと思います。
グリップの前の部分を削って
G17のそれと同じアングルにすれば、
G17用のZEVのマグウェルが付くはずですが、
G17タイプのフルサイズのカスタムフレームも手に入れるつもりなので、
それはその時のためにキープしておくことにします(使わないかもしれないケド)。
で、
エージェンシーアームズさんのバレル。
ペンケースみたいな入れ物に、
わざわざうやうやしく入っています。

ファスナーを
くるっと開けると
ジャ〜ン!

こんな感じです。
カッチョイイので
フルート(みぞ)入りにしました。

チェンバー部分の上には、
エージェンシーアームズの
「A」をモチーフにしたロゴが、
手前には「919」と入っています。
(9×19mm パラベラムの919ですね)

右(エジェクションポート)側には

AGENCY
と入っています。

ドロップインタイプのバレルとのことで、
簡単に考えていたのですが、
ちょっとナメていました、、、

コメントをどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。